月別アーカイブ: 2016年8月

産後の抜け毛対策

私は、もともと髪の量が人より多くて剛毛だったのでそれほど出産後の抜け毛や薄毛については心配していませんでした。
出産後、半年経っても髪の毛の様子に変化がないと思っていたら、産後8ヶ月頃にシャンプーをするたびにごっそり髪の毛がぬけるようになりました。毎日排水 口のネットいっぱいに抜けていたので、いくら髪の量が多い私でもその量にショックを受けました。髪が抜けるだけではなくて、髪の毛自体が細く柔らかくなっ てきて髪質も変わったことに驚きました。
髪が抜け始めてから2ヶ月経っても抜け続けるので、何か対策をしようと思いいろいろ調べました。
産後の抜け毛はホルモンバランスの変化によって起きるのでしかたのないことですが、少しでも髪が生えやすくなうようにと思って、女性用の育毛剤を使った り、シャンプーも頭皮に刺激の少ないものに変えたりしました。ホルモンのバランスが整うと毛が抜けなくなるそうなので、できるだけ睡眠を取るようにした り、栄養バランスの取れた食事を摂るように心がけました。女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが摂れる豆腐や豆乳なども積極的に食べるようにしまし た。
その甲斐あってか、産後1年を過ぎた頃には段々と抜け毛も治まり、以前の硬い毛質に徐々に戻って来ています。

ごっそりと抜けた毛

2年前に出産し、産後半年を過ぎたあたりから、抜け毛が出てきました。初め気づいたのは、お風呂の後のドライヤーで毛が大量に抜けていた時です。次第に、 お風呂の排水溝に私の長い髪の毛がたくさん詰まっていることも多くなりました。一番驚いたのは、産後1年を過ぎた時に美容院にヘアカットをしに行ったとき です。担当の美容師さんから「後頭部の中の毛がごっそりと抜けている」と指摘されたのです。それまでは、抜け毛といっても一体どこの毛が抜けているのだろ うと思っていました。もともと毛量が多いので、余計に気づきにくかったのかもしれません。しかし、美容師さんに指摘されて初めて、中の方の髪の毛が大量に 抜けているだと知りました。
美容師さんには「しばらくは髪の毛をしっかり伸ばした方がいい」と言われ、髪の毛の量を少なくするのは控えました。あれから半年が経ちますが、ピーク時の ことを考えると少し抜け毛の量は減ってきています。私自身、髪の毛にいいと言われている海藻類を毎食必ず摂るようにしているのも、よかったのかもしれませ ん。まだ少しは続くかもしれませんが、抜け毛は出産の勲章だと思って、あまり気にせずケアをしていきたいと思っています。

産後抜け毛をきっかけに洗髪剤見直し

出産後に、抜け毛の本数でお悩みの女性の方々はとても多いです。特に初めてそれを経験する方々などは、その傾向が顕著です。今まで殆ど毛が抜けなかったものの、かなり多く抜け落ちてショックを受けてしまう事もあるでしょう。
ただそれは、ある意味チャンスとも言えます。なぜなら、現在用いている商品の見直しをする良い機会とも言えるからです。
そもそも女性の方々が用いる製品などは、あまり望ましくない事もあります。というのも洗髪剤の中には、頭髪に対する悪影響が生じるものもあるからです。
よく言われる事ですが、刺激物が含まれた洗髪剤などは、あまり良くありません。頭皮に対する刺激が強めですから、それだけ抜け落ち本数も増加する傾向があります。
しかし洗髪剤をチェンジすれば、その問題点が解決する事はあるのです。現在用いている製品が強めならば、もちろん弱いタイプにチェンジする選択肢はあるでしょう。それで毛髪の問題が大きく改善される事例は、実は決して珍しくありません。
知らず知らずの内に刺激が強めな洗髪剤を使っていて、抜け落ち本数が増加するという話は、意外とよくあります。出産後に抜け毛が増えてしまったら、その機会に洗髪剤を見直してみると良いでしょう。