妊娠中、出産後は抜けると覚悟を決めよう

絶対ではないですが、妊娠、産後は高確率で抜けます。
ブラッシングをした時に、ひぃぃと言いたくなるほど抜けるのも珍しくはありません。

全ては、子供を産み育てるために女性ホルモンが急激に増加し、減少する為なのです。
全ては、子供のため、仕方ないねと頭では解っても、心では納得できないと思います。

抜けるのは仕方ない。でも、必要以上に抜けるのは防ぎたいのが女というものです。

幸い、妊娠、出産直後はカラーリング、パーマという
頭皮に負担のかかる事はできませんからヘアケアもやりやすい時です。

体はまず外傷から優先に治します。頭皮がダメージ受けていたら
抜け毛を防ぐより先に、炎症を止めにはいります。だから、ヘアケアのやり甲斐もある時でもあります。

妊娠前後の抜け毛の多くは、産後、数ヶ月がピークですが

妊娠中も要注意です。

今まで問題なくてもノンシリコン、アミノ酸など
頭皮に優しい、刺激のないシャンプーに変えておくほうが無難です。

育毛剤も男性用ではなく絶対、女性用を使ってください。

男性用は男性ホルモンを抑えて抜け毛を防ぐので妊娠、産後の女性には
意味がないばかりか、刺激になります。頭皮に優しいシャンプーやリンスと
女性用の育毛剤でかなりの抜け毛は防げます。

後は、女性ホルモンのバランスが戻りやすいように、産後数ヶ月は無理をしない。
大豆製品などよく食べるなど食生活も気を付けていけば自然と抜け毛は収まります。